しまのや琉球もろみ酢はクエン酸、アミノ酸が豊富

しまのや琉球もろみ酢にはクエン酸やアミノ酸が豊富に含まれています。

 

もろみ酢を作る過程では、もろみを醗酵させる為に使われる
琉球王朝門外不出の物とされていた黒麹菌が使われています。
この黒麹菌は醗酵していく時に大量のクエン酸を生み出すパワーがあります。

 

通常の米酢は、100グラム中に5ミリグラムしか入っていませんが、
琉球もろみ酢には1310ミリグラムと圧倒的に入っています。
その差はなんと260倍にもなります。
同じ量のクエンさを取るとすると260倍米酢を取り入れなければいけませんので
この量を米酢で毎日続けるのは難しいですね。

 

 

またアミノ酸も米酢が300ミリグラムに対して、
22277ミリグラムとこれも大量に含んでいます。
その差はなんと75倍となっています。

 

アミノ酸にしても75倍も含まれていますので、その豊富に入っている
もろみ酢を取り入れて行くと良いでしょう。

 

 

クエン酸やアミノ酸には、身体の代謝を良くする効果がありますので、
豊富に含むものを取り入れればそれだけ効果も良く表れてきます。
疲れたときや、疲れが残っている時などにはかなり良い効果があるでしょう。

 

肩こりや、他の部分にもコリがある人はお勧めです。
また代謝が良くなりますので、老廃物も出やすくなりますので
健康を維持したり、脂肪も燃焼しやすい身体に変化してきますのでダイエット効果も期待出来ます。
また続けて行くことでお肌の調子も良くなっていきますので美容にも効果が期待出来ます。

 

しまのや琉球もろみ酢がメチャ安です